鉄は熱いうちに乗れっ!
鉄は熱いうちに乗れっ!

先生、○ッキ君が算数の宿題やってきてません

Amazonでサクッと買ったクライミングライザーブロック。

前輪をMAX高さに載せると、こんな感じっ!!

140720-1.jpg

おぉ、登坂中っぽいぞ!!
どうやらMAXで斜度5%弱の角度らしい。(web情報)


そういえばこないだNHK「チャリダー」って番組で、
「登坂時はシート前方に座らないと、重心が後ろに下がるわ、
 脚の荷重がペダルに載らないわで、上手くパワーを伝えられん」
みたいな事を元MTB選手の竹谷さんが言っていた。

なので登坂時は結構、前方に座るように気を付けてるんだが、

140720-2.jpg

サドルをカーボンにしてペペも塗ってるるもんだから
サドル表面が滑りやすくって、もぅ。
(ペペは塗っていない)

登りで前方に座っても、すぐ元の位置に戻っちゃうんすよ。


そもそもこのサドルはヒルクラ用に買ったのに、
アッシ、巨根っから 根っから面倒くさがりなもんで
ローラーだろうが近所ライドだろうが、ずっとこのサドルのまま。



140720-3.jpg
そろそろ、普段はこっちのサドルに戻しますか↑



 ということでカーボンサドルは
 登坂仕様にちょい前に出してみることに。

~~~~~~~~~~~~~~
さてここからは算数の時間です。
テストに出るので、ノートに書き留めて下さい。

斜度5%を角度にすると大体「3°」くらい。

※ヒルクラ大会だと平均斜度7%とかだから
 もっと前に出す必要あるんだが、
 そんなに急に前に出すのもねぇ・・・って事で5%で試算。


クランク軸を中心点にカリ置きして、
3°の傾きをシート前後位置で調整しようとすると

 サドル前進量 =
   tan3°×サドル高680mm
     = 35.6mm


ということで35mmは前に出す必要あり。


そんなに調整幅あったかな~。。。と思いつつ、
セッティングし直してみたら・・・

140720-4.jpg

やっぱシートポストのセットバックが大きいので、
15mm位しか出せなかった。。。ま、まずはこれで試してみますか。
(元々アッシ、すんごい後ろにサドルをセッティングしてたんす)

 ついでに角度も、ほんのちょっとだけ前下がりに設定。

よっしゃ、これで登坂もバッチグーだなっ!



じゃ!!



------------------------------------------------------------------------------
ってことで例の前輪載せ台で5%にして
このセッティングで、ちょいとローラーしてみたわけですよ。

で、結果?
 えー、まー。皆さんのご想像の通りです。
  なにせアッシ、極度に自転車のセッティングとかに鈍感なんで。

 イマイチ、違いがよく判らずっ! 残念っ!!

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村

※ポチッと押されるたびに、当ブログのランキングポイントがUPします。是非ぜひ ご協力を!
------------------------------------------------------------------------------


スポンサーサイト


------------------------------------------------------------------------------
 コメントを書く/見る(0)  |  2014/07/20(日)   21:51:35  |  ロードバイク

コメント













管理者にだけ表示を許可する
 

simone loro

プロフィール

いっき

Author:いっき
1971年生まれ
愛車:ANCHOR RNC7
多摩市在住/広島出身
teamシモーネ活動中!

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

お気に入りブログ

FC2カウンター

2009/06~

月別アーカイブ